男性

予想以上に重要な栄養素

栄養補助食品

第6の栄養素

βグルカンは水溶性食物繊維として近年注目を浴びていて、最近では炭水化物やたんぱく質等に次ぐ第6の栄養素してもジャンル分けする専門家もいます。βグルカンは大豆・果物・芋類に多く含まれていますが、腸内にある有害な物質(コレステロール等)を排出してくれます。その中でも大麦に数多くのβグルカンが含まれており、100gあたり6gもの量を誇っています。水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の効率的な摂取割合である2:1の基準にもほぼ合致していて、毎日摂取しておきたい食品です。大麦の押麦に換算すると1日50g〜60g程度摂取すると血糖値を下げるといった研究結果もあるので、血糖値が高めの人は積極的に食べておきましょう。

毎日摂取して健康に

押麦の食べ方としては白米に混ぜて食べるのが一般的であり、全く食べた事が無い方はまずは9:1の比率で食べ始めましょう。食べ慣れたら7:3や2:1の比率にすると1食で目標摂取量の半分前後は摂取出来るので、必ず1食は麦ごはんにする事が大切です。納豆を始めとした豆製品(煮豆やひじき豆)との相性も抜群な事から、一緒に食べる事をおすすめします。朝ご飯に摂取すると昼食・夕食の血糖値上昇を緩やかにする事が知られており、なるべく朝にβグルカンを摂取しておきましょう。小分けタイプよりも大容量タイプ(300g〜1Kg)にしておくと割安になるので、1か月以内に食べられる自信がある場合は大容量タイプをチョイスして下さい。